2-3:音階

シェアする

1オクターブの間に、任意の音を順番に並べると「音階」になります。たとえば”C”と”C'”の間の半音を全て並べたものを「半音階(クロマチック・スケール)」と言います。前回(2-2)で示した音名階段がこれですね(譜例2段目)。

日本の伝統音楽で聴かれる都節音階のように、5音からなるものもあります(譜例3段目)。

音階は他にもいろいろあるのですが、このゼミは、西洋音楽理論の基礎を取得することが目的ですから、まずは長音階(メジャー・スケール)を中心に学習することにします(譜例4段目)

次のステップへ進む目次に戻る


音楽理論学習サポート(¥500〜)

楽典・音楽理論(コード理論)の有料学習サポートを行なっています。オンライン/オフラインどちらも対応可。ご要望に合わせたオーダーメイド・カリキュラム。一回限りのレッスンも大歓迎。お気軽にお問い合わせください。
音楽理論学習サポートについてはこちら


スポンサーリンク




シェアする