2-2:音の無限階段

シェアする

音名は♯や♭がついたものを除くと、”A,B,C,D,E,F,G”の7つしかありません。エッシャーのだまし絵で有名なペンネローズの階段のように、Gから上は再び”A,B,C…”と繰り返されるわけですね。

音名階段をある地点から登って(降りて)、再び開始点に戻ってきたとき、開始点と到着点の関係を「オクターブ」と言います。

一回りが1オクターブ、音程で言えば完全8度。同方向に2周りすれば2オクターブ、以降3オクターブ、4オクターブと増えていきます。

次のステップへ進む目次に戻る


音楽理論学習サポート(¥500〜)

楽典・音楽理論(コード理論)の有料学習サポートを行なっています。オンライン/オフラインどちらも対応可。ご要望に合わせたオーダーメイド・カリキュラム。一回限りのレッスンも大歓迎。お気軽にお問い合わせください。
音楽理論学習サポートについてはこちら


スポンサーリンク




シェアする