プロフィール

シェアする

藤野純也

音楽学者、アマチュア・バンドマン。阪神大震災の年、日本テレビ系で放送された『世界まるみえテレビ特捜部』で初めてクララ・ロックモアのテルミンの演奏を聴き、その優雅な調べに魅せられる。

2001年に上京、PAN SCHOOL OF MUSIC、東京音楽大学で作曲を専攻するも、卒業研究としてとりくんだ、日本のテルミン受容研究をきかっけに資料研究の面白さにのめりこみ、大学院からは音楽学に転向、国立音楽大学、大阪芸術大学を経て、2018年に日本の電子楽器受容研究で博士(芸術文化学)の学位を取得、日本の電子楽器受容史をテーマとした研究に継続的に取り組んでいる。

その傍、アマチュア・バンドマンとして演奏活動も行っており、自身がバンマスとして企画したアニソン・バンドC.P.M.A.の活動を経て、現在はビートルズ・トリビュートバンドMalus Pumilaを主宰しビートルズ全作品の完全再現を目指している。

論文:

演奏サンプル (as ビリー☆ふじの):

シェアする