電子古楽器研究

シェアする

電気テクノロジーが急速に発達した20世紀初頭、1910年代から〜1940年代にかけて、世界各地で電気を発音源とする楽器が相次いで発明されました。鍵盤型が主流となり、最終的にはコンピュータへと近づく方向で発展した現代の電子楽器と比較すれば、極めてプリミティブかつ不器用であるにも関わらず、初期の電子楽器には今のシンセサイザーには無い魅力があります。

その魅力の一つが演奏インターフェイスの独自性です。第二次大戦前に登場した電子楽器はいずれも個性的なインターフェイスと独自の奏法を有しており、それが他に換え難い独自の音印象を生み出します。このページでは、そんな「電子古楽器」を巡る私の研究の一部をご紹介します。

学位論文

戦前の日本で発明された電子・電気楽器

戦前の欧米で発明された電子・電気楽器

その他の電子・電気楽器受容研究

シェアする