マグナオルガン(1934)

シェアする

楽器名:マグナオルガン
発明年:1934
発表年:1935
発明者:山下精一
特許:特許第108664, 110068, 111216号
特許権者:日本楽器製造株式会社

日本楽器製造株式会社(現ヤマハ株式会社)が戦前に設置していた「電気楽器研究室」が1934年にリードオルガンをベースに開発した電気オルガン。リードの振動をマイクロフォンにより集音し、その信号を周波数逓倍器に入力することで、5倍音と7倍音を除く、9倍音までの部分音(倍音)を生成する。ストップによりその組み合わせを選択することで、「フリュート」「オーボー」「メロディア」「ヴォックスセレステ」「セリショナル」「クラリネット」「コルネットエコー」「エオリアンハープ」「ヴィオラドルシ」「ダルシアナ」「ダイアパーソン」「ブルドン」等、パイプオルガンを模倣した音響を得ることを目的としていた。

マグナオルガンの逓倍器接続図

また、複数台接続されたスピーカーへの出力を切り替えることで、遠近効果を得る「エコー」ストップや、モーターとクランクを用いて可変抵抗を機械的に上下させることにより、トレモロ効果を得るストップも実装されている。

マグナオルガンは1935年10月15日に東京会館において、オルガニストの木岡英三郎の演奏により初披露され、同年12月10日に日比谷公会堂で催された「サンサーンス百年祭演奏会」でも使用された。

マグナオルガンは1938年の山葉オルガンカタログに掲載されており、受注生産の形での販売が見込まれていたと思われる。


参考文献

・特許第108664, 110068, 111216号『電気楽器』

・『新電気楽器マグナオルガンのご紹介』日本楽器製造株式会社 (発行年不明)

・『山葉の繁り』日本楽器製造株式会社, 1936

・『山葉オルガン』(カタログ), 日本楽器製造株式会社, 1938

藤野純也「1926年から1936年の日本における『機械音楽』としての初期電鳴楽器受容−特許文献と雑誌記事の分析に基づいて−」大阪芸術大学大学院2017年度博士論文


スポンサーリンク







シェアする