転回音程の法則(2)

シェアする

前回は既習の音程、2度,3度, 5度を転回すると、7度,6度,4度に なることを説明しました。前回はあえて区別をしませんでしたが、すでに学習したように、音程には「長」「短」「増」「減」があります。

そこで、次の法則が役に立ちます(丸暗記してください)。

・長▲度を転回すると必ず短△度になる。
・短△度を転回すると必ず長▲度になる。

このように、音程を転回すると、長・短が逆転するんです。この法則はすべての長短系の音程(覚えてますか?)にもそのまま適用されます。

次のステップへ進む目次に戻る


音楽理論学習サポート(¥500〜)

楽典・音楽理論(コード理論)の有料学習サポートを行なっています。オンライン/オフラインどちらも対応可。ご要望に合わせたオーダーメイド・カリキュラム。一回限りのレッスンも大歓迎。お気軽にお問い合わせください。
音楽理論学習サポートについてはこちら


スポンサーリンク




シェアする