3-3:3度音程の数え方(1)

シェアする

コード=3度の積層和音に名前をつけたもの。

これが本ゼミにおける「コード」の定義です。「名前」というのはC7とかG7といったコードシンボル、いわゆるコードネームのことですね。コードシンボルについては後の楽しみにとっておいて、まずは3度音程の数え方を学習しましょう。

「また音程?」と不満の声が聞こえてきそうですが、第1課をクリアしたみなさんならなんてことありません、2度音程の数え方と同様に、変化記号なしで形成される3度を覚えるだけです。

覚え方:
“C-E”, “F-A”, “G-B”が長3度
・他は全て短3度

これだけです。簡単ですね。
2度音程を「ものさし」として使えば次のように考えることもできます。

次のステップへ進む目次に戻る


音楽理論学習サポート(¥500〜)

楽典・音楽理論(コード理論)の有料学習サポートを行なっています。オンライン/オフラインどちらも対応可。ご要望に合わせたオーダーメイド・カリキュラム。一回限りのレッスンも大歓迎。お気軽にお問い合わせください。
音楽理論学習サポートについてはこちら


スポンサーリンク




シェアする