2-8:CメジャースケールとFメジャースケール

シェアする

ここまで学習してきた二つの音階
“C,D,E,F,G,A,B,C”と”F,G,A,Bb,C,D,E,F”は両者ともに「長-長-短」のテトラコルドが2つ重ねられた構造になっているので「長音階(メジャースケール)」とみなされます。

異なるのはその開始音、すなわち主音です。前者は”C”を主音として組み立てられた長音階なので「Cメジャースケール」といい、後者は”F”を主音として組み立てられた長音階なので「Fメジャースケール」といいます。

次のステップへ進む目次に戻る


音楽理論学習サポート(¥500〜)

楽典・音楽理論(コード理論)の有料学習サポートを行なっています。オンライン/オフラインどちらも対応可。ご要望に合わせたオーダーメイド・カリキュラム。一回限りのレッスンも大歓迎。お気軽にお問い合わせください。
音楽理論学習サポートについてはこちら


スポンサーリンク




シェアする