2-1:アルファベット音名

シェアする

今回から新章「音階」に突入することになります。これを機にこれまで「ドレミ」とカタカナ表記していた音名を、英語表記に変えることにします。

音名を英語表記すると、それがコードシンボルをさすのか、単一の音名をさすのかがわかりにくくなるのが難点なので、当ゼミでは便宜上、アルファベットが音名をさす場合はクォーテーションマーク” “で括ることにします。

凡例:
C = Cメジャーコードを示す
“C”=C音(つまり”ド”)を示す

次のステップへ進む目次に戻る


音楽理論学習サポート(¥500〜)

楽典・音楽理論(コード理論)の有料学習サポートを行なっています。オンライン/オフラインどちらも対応可。ご要望に合わせたオーダーメイド・カリキュラム。一回限りのレッスンも大歓迎。お気軽にお問い合わせください。
音楽理論学習サポートについてはこちら


スポンサーリンク




シェアする