ギターコードの構成音を知ってますか?

前回コードは上部和音と低音で成り立っていることを説明しました。今回はギターコードも実は上部和音+低音の構造で成り立っているというお話をしましょう。

ギターは実際に鳴り響く音よりも1オクターブ高く記譜されるという習慣があるので、あまり意識しませんが、実はギターの音って結構低いんです。

それを示すために、あえてイレギュラーに、へ音譜表を用いて、ローポジションのCとAm7のコードの構成音を記譜したのが下の譜例です。

さて、Cのコードの「低音」のドは5弦3フレットで演奏されます。前回のお話を思い出してください、上部和音がCのまま、低音をラに変えるとAm7というコードになるのでしたよね。

Cのコードの上部和音は1弦から4弦で鳴らされるミドソミです。そして低音は5弦3フレットのドです。CのコードからAm7にコードチェンジしたいなら、上部和音はCのまま低音だけラに移れば良いので1弦から4弦のミドソミはそのままで良さそうです。

5弦3フレットのドをラにするのは簡単ですね。そうです。薬指をはずして、5弦を開放弦にすればすみます。そのようにして演奏すると譜例2小節目の音が鳴り響きます。

さてこの時の左手をみてください。ほら、おなじみのAm7の「形」になったでしょ?

このようにみなさんが「形」として覚えているギターのコードも、ピアノと同じように上部和音+低音の形でできているのです。


音楽理論をバンド活動に活用したいあなたの音楽理論学習をサポート!
無料Facebookグループ「てるむじかコードゼミ」への参加はこちらから。