コピーバンドの魅力

自分はゼッペリンフォロワーでもなんでもないのだが、その昔、ゼッペリンのトリビュートバンド、シナモンが出演する教則ビデオ(VHS)を買って、あまりのクローンっぷりに度肝を抜かれた。その映像がYoutube にあった(オフィシャルです)。

コピーバンド、特に完全コピーバンドは「本物を聞いていれば良いじゃないか」となにかと批判されがちだけど、自分は「コピーバンド」というものがすごく好き。極端なこと言えば、本物聞くよりも完全コピーバンド聴く方が楽しいなんてこともあるから不思議。

きっと極限まで本物に似せようとする演奏家の職人芸的なアプローチ、自分自身のオリジナリティを極力殺してもでてしまうバンドごとの個性の違い、そのようなところに惹きつけられるのだと思う。

スポンサーリンク