楽典用語/ポピュラー音楽用語対応表

シェアする

ポピュラー畑で育った人が「楽典」を学ぼうとするとき、最初にネックなるのが用語です。

クラシック音楽もポピュラー音楽もベースとなるのは同じ「西洋音楽」。だから実際のところはクラシックであろうがポピュラーであろうが大きな差はないのにも関わらず、使用される用語が異なるため「難しそう」な印象を与えてしまっているんですね。

そこで「楽典」 に頻出する用語とポピュラー畑で用いられる用語の対応表を用意しました。

楽典 ポピュラー音楽 英語表記
音程 音程 interval
音階 スケール scale
長音階 メジャースケール major scale
短音階 マイナースケール minor scale
自然短音階 ナチュラルマイナースケール natural minor scale
和声短音階 ハーモニックマイナースケール harmonic minor scale
旋律短音階 メロディックマイナースケール melodic minor scale
調 キー key
調性 該当なし tonality
長調 メジャーキー major key
短調 マイナーキー minor key
三和音 トライアド triad
七の和音(四和音) セブンスコード seventh chord 
長三和音 メジャーコード major triad
短三和音 マイナーコード minor triad
減三和音 ディミニッシュコード diminished triad
増三和音 オーギュメントコード  augmented triad
属七の和音 ドミナントセブンスコード dominant seventh chord
短七の和音 マイナーセブンスコード minor seventh chord
長七の和音 メジャーセブンスコード major seventh chord
短三長七の和音 マイナーメジャーセブンス minor major seventh chord
減七の和音 ディミニッシュセブンスコード diminished seventh chord
減五短七の和音 マイナーセブンスフラットファイブ

ハーフディミニッシュ
half diminished chord
固有和音 ダイアトニックコード diatonic chord
該当なし ノンダイアトニックコード non diatonic chord
準固有和音 該当なし
※「サブドミナントマイナー」は順固有和音の一部
該当なし
副Vの和音 セカンダリドミナント secondary dominant
和声音 コードトーン chord tone

harmonic tone
非和声音 ノンコードトーン non chord tone

non harmonic tone
根音 ルート root
第3音 サード 3rd.
第5音 フィフス 5th.
第7音 セブンス 7th.
転回形 該当なし
※分数コードの一部に
転回形を含む
Inversion
該当なし
※ただし転回形は分数コードの一部に該当する
分数コード

オンコード
Slash chord
三全音 トライトーン tritone

「てるむじかコードゼミ」にもどる